ペナン島のホテル

クアラルンプール国際空港で、5時間の飛行機待ちの後、ペナン島にやっとの思いで到着した時はすでに深夜の時間帯でしたが、タクシーを手配してくれる案内所は長蛇の列ができていました。

 

会社でホテルまでの移動方法を聞いた際に、タクシー案内所があるのでそこでチケットを買うと聞いていたので、流石にこの時は焦らずにすみ、ホテル名をいうとすぐに出発することができました。

 

出張で宿泊するホテルは、“エクアトリアル”というマレーシア・ペナン州の中でも格式高いホテルで、なんでも王族が宿泊するのに使用するとのことで、街の中心地から離れており静かな上、山の上にあることから街の夜景がきれいに見えるという事が有ります。

 

この出張から5年くらい経過していますが、インターネットの評価サイトにも多数書き込みがあり、あまり変わっていないようです。もちろん、いい事ばかりではなく公共バスやタクシー乗り場が周辺に無い為、移動はレンタカーを使うか、タクシーをロビーで呼んでもらう必要がありますがタクシーが大体10リンギットで街まで行ける事を考えるとそんなに短所でもありません。